大学生コピーライティング講座①ストーリー編

IMG_5980

こんにちは!!  マーシです!!

 

今日は少しいつもと違って
バーでブログを書いています。

 

少し違ったところで仕事するのも
凄い新しいアイデアが浮かんできたりして
作業がはかどりますね!

いつも同じところで作業するのは
飽きるので笑

 

前回に引き続き、今回も
コピーライティングのことに
ついて語っていきたいと思います。

 

もうコピーライティングの
意味とか重要性については
語らなくても大丈夫ですよね?笑

 

ここでまだよくわかっていない人は
僕のブログで必ず復習をしてください!

 

これからの記事では、もう
コピーライティングをみなさんに
身につけていくためのものにするので。

 

では今日は記念すべき第1回目ですが、

 

そもそもみなさんはどのような
場面でコピーライティングを
使うかわかっていますか?

 

これを答えられないと少し
ここで学んでも意味がなくなって
しまうので、改めて説明していきますが

 

基本的にコピーライティングとは
文字によって人を行動させるわけです。

 

なので、文字を打つ場面では全て
コピーライティングを意識して
使っていかなければなりません。

 

誰もが適当に文字を打って、
お客さんを動かすことができる
わけないですよね?

 

しっかりとお客さんを動かすことが
できなければお金を生むことは
できないので、あなたはネットビジネス
をやっていくにあたって

 

文字を打つ場面、全てでコピー
を意識して書かなければいけないことを
きもに銘じてください!

 

例えば

・SNSでのつぶやき
・ブログでの投稿
・ランディングページ
・無料プレゼント
・セールスレター(お客さんへの販売ページ)

 

これ以外にもたくさんありますが
少なくともこれらを作る時には
文字を使うと思うので、

 

これから僕がお伝えするコピー
ライティング講座を生かして
どんどん実践に移していってください!

 

ではそれを念頭においた上で
今回の内容にうつっていきたいと
思います。

 

今回お伝えするコピーライティング
講座では

 

ストーリーを入れる重要性に
ついてお話ししていきます。

 

ストーリーとは、誰のストーリーか
というと、もちろん自分です。

 

自分のストーリーを文字と
して入れることがなぜ良いのか
説明します。

 

まずそもそもお客さんは
あなたのことを知りません。

 

というか、最初の段階では
1ミリも興味がないと思います。

 

だから自分がどういう経緯を
経てこういった情報発信をしているのか?

 

それを文字として書いてあげる
だけでお客さんからの信頼度などが
まし、また共感も得やすくなります。

 

そもそもあなたがお客さんだとしたら

 

どういった人がこのブログを書いているのか?

 

どういった人がツイッターで発信をしているのか?

 

気になりますよね!

 

だからそれをきちんとストーリーを
書くことによって示してあげることが
大事です。

 

では次回の記事では、どうやって
そのストーリーを書いていけば良いのかを
説明していきたいと思うので、

 

楽しみにしていてください。

 

では今回の記事はこれで以上です。

 

====================
▲追伸▲
LINE@を友達追加してくれた人に対して
5つのプレゼントをお配りしています!
 
<プレゼント1>
当時19歳だった僕がたった2ヶ月で
20万以上の収入を生み出すことができた
ネットビジネス入門教材(pdf145ページ)
 
<プレゼント2>
好きなことや経験を発信して
お金を稼ぐことができる
情報ビジネス徹底解剖動画(40分)
 
<プレゼント3>
たった60分で10万円を生み出す
即金システム(pdf16ページ)

<プレゼント4>
Amazon転売で確実に初月10万稼ぐための~3つの秘訣~
(pdf53ページ)
 
<プレゼント5>
億を稼ぐ人から学んだ結果を出すためのマインドセット7ヶ条
(pdf20ページ)
 
 
↓登録方法↓
================
LINEの友達追加で
「@vrj4920h」を追加してください。
(@を忘れずに記入してください)
===============
もしくはこちらのQRコードを保存して
S__15073284

LINEで「友達追加」から
「QRコード」→『ライブラリ」から
読み込んでください。

もしくはコチラから
→https://line.me/R/ti/p/%40vrj4920h

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です