〜空きコマの授業時間でバイトの10倍以上の時給をネットビジネスで稼ぐ大学生@マーシのブログ〜

【初心者ビジネス大学生必見】100円マックは何のためにあるのか?

top

こんにちは!! マーシです!!

 

今は久しぶりに神戸に来て
ブログを書いているのですが、
もう関西にいるのも違和感では
なくなりましたね笑

 

正直、一年前からしたら
関西にいることも想像できなかったので。

 

さて、今回のブログは少しビジネスの
本質を探る部分についてお話して
いきたいなと思います。

 

 

実際に、これからあなたはネットビジネス
と言うフィールドに足を踏み入れるわけですが、
前のブログでもお伝えしたようにネットビジネス
もビジネスなので、しっかりとビジネスの基礎や
本質となる部分を理解していかなければなりません。

 

 

まず、タイトルにも書いたように
100円マックを例に、これからビジネスの
本質となる一部分について説明していきます。

 

 

ちなみにこれからお伝えしていく内容は
大学で教わる授業よりも分かりやすく
役に立つものなので、真剣に聞いてください。

 

まず、あなたはマックに行ったことが
ありますか?

 

 

ここでないという人はほとんど
いないと思いますし、
全員、知っていると思います。

 

 

では、あなたがマックに行こうと
思う理由はなんですか?

 

 

人それぞれ違って色々あると思います。

 

でも統計上、マックに行く人に
「なぜ、マックに来たか?」を
訪ねてみると、一番多かった理由が

 

・100円マックが安くてお得だから

 

と言うことでした。

 

これは何が言いたいかと言うと、
実際にマックが売り上げを立てる
ために凄く良いビジネスモデルを
していることがわかります。

 

 

まず100円マックだけだったら
マックは売り上げを立てれません。

 

むしろ相当な赤字で、潰れてしまいます。

 

でも、何がマックの売り上げを
立てているのか?

 

それは100円マック以外の
バリューセットとかです!!

 

マックのビジネスの構造は、
100円マックで人を集め、
バリューセットなどを売ることに
よって売り上げを立てているのです。

 

 

これをビジネス用語で

 

・フロントエンド(人を集める商品)

・バックエンド(利益を拡大する商品)

 

と言います。

 

 

ですので、マックの場合は
100円マックがフロントエンド商品で
バリューセットがバックエンド商品ですね。

 

この2つの商品を作ることによって
人を集め、利益を最大化させていくことが
できるわけです。

 

 

まだこれをどうやってネットビジネスに
応用していくかはわからなくていいので
こういうビジネスの構造があるんだと
いうことを認識しておいてください。

 

 

では、今回の話はこれで以上です。

 

次回の記事も楽しみにしていてください。

 

====================

▲追伸①▲

LINE@を友達追加してくれた人に対して
自分の好きなことを仕事にして
お金を稼いでいけることができる
情報ビジネス講座
全3回分の動画を無料で配信しています。

 

↓登録方法↓

================

LINEの友達追加で

「@vrj4920h」を追加してください。

(@を忘れずに記入してください)

===============

もしくはこちらのQRコードを保存して

S__15073284

LINEで「友達追加」から

「QRコード」→『ライブラリ」から

読み込んでください。

 

もしくはコチラから

https://line.me/R/ti/p/%40vrj4920h

 

▲追伸②▲

メルマガ登録者限定で無料プレゼント配っています。

 

・社会にでて実践的なスキルを身につけたい

・バイトがしんどいからやめたい

・月30万以上の収入をえて優雅な大学生活を送りたい

・将来は就職しないで自分の好きなことを仕事にしたい

・お金持ちになって周りの人を幸せにしたい

 

上記の1つでも当てはまる人に対して
無料教材「Winner Net Marketing」を
メルマガを登録してくれた人限定で配信中!!

s__14696929

今だけ期間限定なので迷っている暇はありません。

 

ですので、少しでも気になったり
今の現状を変えていきたい方は
直ぐにご登録ください。

プレゼントの受け取りはコチラ
http://masashitaka.com/winner-net-marketing/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

固定ページ

人気ブログランキング