〜空きコマの授業時間でバイトの10倍以上の時給をネットビジネスで稼ぐ大学生@マーシのブログ〜

Amazon転売で稼ぎやすいジャンルはコレだ!!

shutterstock_273424325

こんにちは!!  マーシです!!

 

最近は転売の話ばっかりにしていますが
まだまだお伝えできることはあるので、
しっかりと聞いていってもらえればなと思います。

 

前回でも説明したように僕自身は
転売をやるとしたら、Amazon転売を
もの凄くお勧めしていました。

 

というのも、FBAというシステムが
使えるからというのが一番大きな理由です。

 

 

詳しくわかっていない方はまた
前回のブログを見てもらえればなと思います。

 

 

そしてこれからAmazon転売を始めていく
大学生や社会人の方も相当多くなるんではないかな
と思います。

 

 

なのでまだまだAmazon転売について
語っていこうと思います。

 

 

そして今回の内容はタイトルにも
あったようにAmazonで稼げるジャンルに
ついて説明をしていきたいなと思います。

 

正直、前回の話だけだと何を転売したら
良いのかわからない人が多いのではないでしょうか?

 

 

その悩みをここの記事では解決させて
もらいます。

 

 

一般的にAmazon転売とは、Amazonの
価格と仕入先の価格との差額で儲けを
出します。(手数料の価格も差し引きます)

 

そのため、どんな商品も別に出品は
できますがビジネスとして利用する場合、
継続して利益の出易いものを出品していった方が
いいわけです。

 

ではどういうものが利益率が高いのか?

 

それは定価以上の価格でも売れ易い
商品ジャンルです。

 

定価以上超えた値段のことを「プレ値」
といい、定価を超えた商品のことを
「プレ商品」といいます。

 

実は、Amazonで販売されているプレ商品は
ほとんどの小売店やネットショップでは
定価以下の価格で販売されています。

 

 

ですのでこれらのプレ商品を仕入れて
売れば高利益を出すことができます。

 

 

ではそのプレ商品とは具体的に
どういうものがあるのか?

 

 

それは

・DVD、CD
・おもちゃ
・ゲーム

です。

 

他にも色々あると思いますが、
実際に馴染みが良くあり、買ったことが
あるものがこれらの3つだと思います。

 

 

なぜこれらの商品が定価以上で売れるかと
いうと、絶対的なマニアの存在がいるからです。

 

定価を超えても絶対に手に入れたいと
いうマニアがいることにより、需要と
供給のバランスが崩れ、需要の方が
多くなります。

 

 

そうすると、プレ値になっても
買うマニアがいるのです。

 

 

これは時代の流れとともに、
需要のあるものは変化していきますが、
これらのものは絶対的なマニアが
多いため、プレ値でも購入されます。

 

 

ですので、こう言ったものをどんどん
Amazonに出品して稼いでいきましょう。

 

 

では今回の記事はこれで以上です。

 

 

では次回の記事でまたお会いましょう。

 

====================

▲追伸①▲

LINE@を友達追加してくれた人に対して
自分の好きなことを仕事にして
お金を稼いでいけることができる
情報ビジネス講座
全3回分の動画を無料で配信しています。

 

↓登録方法↓

================

LINEの友達追加で

「@vrj4920h」を追加してください。

(@を忘れずに記入してください)

===============

もしくはこちらのQRコードを保存して

S__15073284

LINEで「友達追加」から

「QRコード」→『ライブラリ」から

読み込んでください。

 

もしくはコチラから

https://line.me/R/ti/p/%40vrj4920h

 

▲追伸②▲

メルマガ登録者限定で無料プレゼント配っています。

・社会にでて実践的なスキルを身につけたい

・バイトがしんどいからやめたい

・月30万以上の収入をえて優雅な大学生活を送りたい

・将来は就職しないで自分の好きなことを仕事にしたい

・お金持ちになって周りの人を幸せにしたい

 

上記の1つでも当てはまる人に対して
無料教材「Winner Net Marketing」を
メルマガを登録してくれた人限定で配信中!!

s__14696929

今だけ期間限定なので迷っている暇はありません。

 

ですので、少しでも気になったり
今の現状を変えていきたい方は
直ぐにご登録ください。

プレゼントの受け取りはコチラ
http://masashitaka.com/winner-net-marketing/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

固定ページ

人気ブログランキング