成功者の習慣から考える、最短で成功するためのたった一つの成功習慣とは?

最短最速で成功を収めるたった一つの習慣とは?

こんにちは、マーシです。
今回が初投稿となりますがよろしくお願いします!

テレビなどでもいわゆる「成功者」が特集されていることがありますが、
そんな「成功者」と私たちの差は一体どこにあるのでしょうか?

差の一つとして「習慣」があります。

今回は成功する為に成功者が行っている習慣

最短最速で成功する為のたった一つの成功習慣

をお伝えしていきます。

 

今回の記事では以下の内容をお伝えします。
・習慣を変えると本当に成功するようになる?
・成功者たちにはどんな習慣があった?
・最短最速で成功する為のたった一つの成功習慣

 

習慣を変えると成功できるようになる理由

何となく生まれた時から「習慣」にすると成功しやすいとか「良い習慣」をつけましょうと言われてきた人もいるのではないでしょうか?

そもそも習慣を変えるだけで本当に成功できるようになるのでしょうか?

そもそも「習慣」は何?ということで以下辞書的な意味を抜粋してみました。

「習慣」
①長い間繰り返し行われていて、そうすることが決まりのようになっている事柄。また、繰り返し行うこと。
②ならわし。しきたり。風習。慣習。
③学習により後天的に獲得され、繰り返し行われた結果、比較的固定化するに至った反応様式。

※大辞林 第三版より一部抜粋

この中で注目すべきなのは③学習により後天的に獲得され、繰り返し行われた結果、比較的固定化するに至った反応様式です。

要するに
同じことを繰り返し行っていくうちに、
「後天的」に「獲得」「固定化」されたもの、それが習慣であると言えます。

身近な例 
ベッドから出てすぐに水を飲む、毎食毎に歯磨きをする、会社に着いたらまずメールをチェックする、エスカレーターではなく階段を使う、帰りの電車でSNSをチェックする、……などなど。
 

これらは生まれつきできていたわけではなく、何かをきっかけに意識的に始めた事柄だと思います。
しかし、日々繰り返しているうちに、いつの間にか無意識に行うようになっていた

ポイントは無意識に行うようになっていたということです。

つまり、特に考えたり意識せずに行えることが、自分のなかで増えたということです。

 

行動に限らず、精神面での習慣もたくさんあると思います。

例えば「緊張する場面では相手をジャガイムだと思い込む」というものがありますが、これも習慣化されれば本当に緊張しにくくなり、大勢の前でもスムーズに話せるようになったりします。

思考の習慣化が行動に影響を与えている一例と言えるでしょう。

行動、そして考え方の習慣化により、私たちは自身の「できること」を増やしています。あるいは、「できること」の質を高めています。

これが、習慣=成功への近道とされる所以ではないでしょうか。

 

圧倒的に成功している人の習慣とは?

前述の通り、習慣化することによって私たちは「できること」が増えたり、その質を高めていくことができます。

でも、一つ重要な事があります。

習慣には良い習慣と悪い習慣がある。

ということです。

例えば、あなたが1年間で10㎏のダイエットを計画しているとします。
そんなあなたに「毎日食後にポテトチップスを1袋食べる」という習慣があったとします。
ダイエットは成功しますか?

答えは明らかですよね。失敗します。

つまり悪い習慣を止めて、良い習慣をつけないと成功はできません。

 

では圧倒的に成功している人がどんな良い習慣をつけていたのでしょうか?
圧倒的に成功した有名人の良い習慣をご紹介していきたいと思います。

 

ビートたけし(北野武)

ビートたけしさんの成功習慣は トイレ掃除。

日本に住む人ならほとんどの人が知っているお笑い界の巨匠です。
お笑い、司会業だけではなく映画監督としても活躍しています。

そんなビートたけしさんの成功習慣は
トイレ掃除です。

若いころに師匠に「トイレを綺麗に掃除しろ」と言われて、30年以上ずっとトイレ掃除をやり続けてきた。自分の家だけでなく、ロケ先や公園、ときには隣の家のトイレ掃除もした。オレが成功しているのは、トイレ掃除のお陰かもしれない!

と語っていました。

トイレを綺麗にすることで、お金に好かれるようになるとか生活習慣が整うなど様々なことが言われていますが、自分と向き合う時間を取り、気持ちの整理ができるのでしょうか。

 

羽生義治

羽生義治氏の成功習慣は 初めて行く場所に地図を持たずに行く

将棋界のレジェンドとして知られる羽生善治氏。

15歳でプロ入りし、25歳で将棋界初の7タイトル独占という快挙を成し遂げた、将棋界の生きる伝説。

そんな羽生氏の成功習慣は
初めて行く場所に地図を持たずに行くです。

初めて訪れる場所にあえて地図を持たずに行くことがたびたびあるそう。
住所から道順を推測したり、道行く人に尋ねたりしながら、自力で目的地までたどり着くのだそうです。

なぜそうするのかというと、「野生の勘」を磨くため。

 

ティム・クック

名称未設定のデザイン (15)

ティム・クック氏は現在アップルのCEOをしている人物です。
またナイキの社外取締役も務めるなど、ビジネス界の第一成功者といっても過言ではありません。

そんなティム・クックの成功習慣は
早起きです。

午前4時半に起床してメール対応をし、5時にはジムで汗を流しているそう。

 

早起きは三文の得ということわざにもある通り、実際に早起きすることで人生が圧倒的に良くなった人もたくさんいます。また成功者の多くは早起きで朝型であるという事実もあります。

4時30分~5時頃に起きている成功者が多いようです。

 

ここまで3人の圧倒的な成功を収めている有名人の成功のための習慣をご紹介しました。

正直、本業の成功と本当に関係があるのか?と思われた方もいらっしゃったと思います。
でも自分の中でしっかりと習慣を決めて、それを継続して実践していく所に圧倒的な成功という結果がでてくるのでしょう。

 

なので、成功をした人が実際にしていた習慣をそのままマネるのもいいですが、
それ以上にまずは「考え方の習慣」をつけるのが大切です。

 

次から具体的にどのような考え方を習慣にすべきかを説明していきます。

 

最短最速で成功する為にまずやるべきこと

その前に一つ今すぐに決めてほしいことがあります。

それはあなたが何を成功とするか?です。

あなたにとって成功とは何かを決めましょう

大学受験をしている人にとっては合格が成功かもしれないですし、
ビジネスをやっている人にとっては月収何万円を達成することが成功かもしれません。

何を「成功」とするのか?に答えはありません。
あなたが本当に心から望んでいることであれば、なんでも大丈夫です。

 

自分にとっての成功を一つ決めてください。

 

それが全てのスタートです。

 

一番ダメなのは、何を成功とするのかを決めずに何となく努力をすることです。

 

自分が何を成功とするのかを決めておかないともちろん成功することはできません。
また最短最速で成功することもできません。

 

まずは自分にとっての成功を決めてください。

 

 

最短最速で成功するための習慣はこれだ!

お待たせいたしました。

あなたが決めた成功を
最短最速で達成するための習慣をお教えします。

 

この習慣をあなたが知れば、
なぜあなたが成功できないのかの原因が明確に分かります。

 

 

ただ成功するだけでなく、最短最速で成功することができるので、
多くの人を抜かすことができ、圧倒的な差で勝利を収めることができます

 

あなたが成功を収めれば、周りの人やその成功に期待をしていた人がより喜びを感じてくれることになるでしょう。
そしてあなたも幸福感で溢れ、何事においても成功できる自信がつくことになるでしょう。

 

 

今からその秘伝の習慣をあなたに特別にお教えします。

あなたを成功まで最短距離で連れて行ってくれる秘伝の習慣とは?

 

それは、

目的と手段を意識して行動することです。

 

どういうことかというと少し難しい話になるので、例を出して説明します。

大学受験を例に例えてみます。

受験勉強を例に最短最速で成功するための習慣を説明

大学受験では合格することを目的とすると勉強することは手段となるわけです。

 

ここで多くの人が陥ってしまうことが勉強することを目的化してしまうことです。

 

あくまで、勉強することは合格するための手段であって目的ではありません。

つまり失敗してしまう人の大半は手段を目的化してしまう人が多いです。

 

成功するために勉強をするのに、勉強が目的化してしまってはダメです。

 

目的を決めたらそれを達成するために今、この自分の時間は役立っているのかをいつも検討しながら生きてください。

ある意味睡眠もそういう意味だと、自分の集中力を最大限に保つためなら必要な行為だと思うので、目的を達成する手段の一つかもしれません。

 

自分の24時間を全て目的を達成させるための時間にしましょう。

 

それができればあなたは今、どんな地点でどんな分野においても
最短最速で成功できることは間違いないです。

 

今すぐに、あなたの昨日の1日が目的を達成するためにどれだけ使われていたか?
確かめておいてください。

 

まとめ

・圧倒的に成功する人は自分の習慣を持っている。

・最短で成功する為にはまず自分の中で成功を決める。

・目的と手段を分けて、成功するという目的のために24時間の使い方を考える

今回習ったことはすぐに忘れてしまうので、何度も読み直して、習慣にまで落とし込みましょう!

習慣になるまでは、何度もこの記事を見て頭にそして体に刷り込んでいきましょう。

 

僕のLINEを追加すると限定情報を受け取れます

LINE@を友達追加してくれた人に対して
5つのプレゼントをお配りしています!

<プレゼント1>
当時19歳だった僕がたった2ヶ月で
20万以上の収入を生み出すことができた
ネットビジネス入門教材(pdf145ページ)

<プレゼント2>
好きなことや経験を発信して
お金を稼ぐことができる
情報ビジネス徹底解剖動画(40分)

<プレゼント3>
たった60分で10万円を生み出す
即金システム(pdf16ページ)

<プレゼント4>
Amazon転売で確実に初月10万稼ぐための~3つの秘訣~
(pdf53ページ)

<プレゼント5>
億を稼ぐ人から学んだ結果を出すためのマインドセット7ヶ条
(pdf20ページ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です